トップページ > 新着ニュース

お知らせ・新着情報

  • 2011.06.27
  • 正官庄紅蔘の健康情報「だるさはNO!夏のからだの防衛策①」
  • 皆様、お元気ですか?梅雨が明けたら夏も本番。

    夏になると何となく調子が悪いことが多くなります。

    いわゆる夏バテです。


    原因はストレス。人は暑いこと自体をストレスに感じるのです。

    ストレスになれば内臓の血流の状態が悪化して胃腸の調子が
    悪くなります。食欲もなくなり、栄養が行き届かなくなります。





    そもそも「バテ」とは?


    体内水分の代謝が正常でないことが一因です。

    必要以上の水が体に蓄積し、血液中のナトリウムやカリウム、
    カルシウムなどのバランスが悪くなり、冷たい飲み物を飲みすぎたり、
    外が暑くて室内がよく冷えている、という温度差が体に悪影響を与えているのです。


    つまり、暑さが体調を崩す→食欲が落ちる→栄養不足でさらに調子が悪くなる
    →さらに食欲が落ちる→冷房の効いた部屋で冷たい物ばかり飲む→バテる
    という構図です。

    次回はその対策についてご紹介します。

前のページ
1/17ページ