トップページ > 新着ニュース

お知らせ・新着情報

  • 2011.07.25
  • 正官庄紅蔘の健康情報「だるさはNO!夏のからだの防衛策⑦」
    暑いところでフラッとしたら それは熱疲労のサイン



  • 炎天下を長い時間歩いたり、スポーツをしていてふらつきを感じたら、
    無理して続けちゃデメ。熱疲労なんです。

    熱疲労とは熱射病の前段階です。意識を失うほどの重症になったら熱射病ですから
    そうなる前に、すぐに手当てが必要です。

    調子悪いな、と思ったらすぐに日陰に入って、風に当たり、体を冷まさなければ!

    脳貧血を起こしますから、頭を下げて、できれば横になって
    足を少し上げているといいでしょう。

    充分休んで回復してから動くようにしましょう。

    脱水症状を起こしていることもありますから、水分補給も忘れずに。


    万一症状がひどく、熱射病になってしまったら、とにかく冷やしてあげることと、
    救急車を呼ぶことが必要です。



前のページ
1/18ページ