1. トップページ >
  2. 高麗人参とは? >
  3.  
  4. 高麗人参の成分について

高麗人参の成分について

※高麗人参(人蔘)の成分・効能についてのページです。高麗人参に含まれている有用成分やその歴史・効能などをカテゴリごとにまとめております。お試し製品のご紹介もしておりますので、合わせてご覧ください。

こんな人にお勧めです 美容を気にする女性
の方へ、忙しくても生き生きとしていたい方へ、今の健康を維持して生きたい方へ、冬が苦手と言う方へ、朝から
はつらつと過ごしたい方へ、メリハリのある生活を目指す方へ

高麗人参の有用成分はジンセノサイドと呼ばれる人参サポニン

紅参

紅参

高麗人参の有用成分の代表としてあげられるのが、人参サポニンと呼ばれている成分です。サポニン(saponin)とは、水に溶かして振ると石けんのように泡が立つ性質があり、オリーブやキキョウなど、多くの植物に含まれています。

人参サポニンは別名でジンセノサイド(ginsenoside)と呼ばれるサポニンで、苦みやえぐみの正体がこれにあたります。さまざまな種類があることが確認されており、高麗人参の皮をはがさずに蒸気で蒸して自然乾燥させた紅参は加工する過程でその種類が増えることが分かっています。

6年根の紅参には30種以上もの人参サポニンが含まれており、 これらが紅参の重要な成分になっています。高麗人参と同じウコギ科である西洋人参(14種類)、中国雲南省などで採れる田七人参(15種類)と比べても2倍以上含まれており、このことが紅参の価値をいっそう高める要因のひとつになっています。

ミネラルやアミノ酸も多く含む高麗人参

人参サポニンだけが有用成分ではありません。高麗人参にはマグネシウムや鉄といったミネラルも含まれており、中でもマグネシウムやカリウムが多いことが分かっています。有用成分である人参サポニンは皮の付近に最も多く含まれているため、 皮を剥いで自然乾燥する白参は紅参と比べると高麗人参としての力は弱いと言えます。

ミネラル以外には、アミノ酸であるアルギニンも多量に含んでいます。アミノ酸は人間の身体を作っている要素であり、肌や内臓、筋肉などは、20種類のアミノ酸が組み合わさってタンパク質となり組織されています。まさに生命の源になっているのがアミノ酸というわけです。

高麗人参

高麗人参

6年根紅参ブランド正官庄のこだわり 紅参の原料に
こだわる 正官庄で使っている原料である高麗人参は6年根のみを使っています。6年間土壌の養分を吸い尽く
してしまうことで、一度収穫した畑は10年間つかいません。「残留農薬」や「重金属」の有無を検査し、基準に
合格した農地のみとの契約栽培です。安全性管理にこだわる!! 高麗人参の栽培予定地から6年根の集荷
に至るまで、単作としては世界唯一の7回の安全性検査。 すべての検査は国際公認試験機関である
KOLAS認定を受けた韓国人参公社の
研究所で行われます。115年以上の伝統を持ちGMP認証の施設で製造・品質管理を行っています。