1. トップページ >
  2. 正官庄の高麗人参

正官庄の高麗人参

健康なカラダからキレイがつくられる

Beauty & Healty

体調を崩しやすい方に高麗人参

体調を崩した時に用いられる「和漢」のほとんどに高麗人参が含まれているのことをご存知ですか?

高麗人参に多く含まれる成分「サポニン」には活力を高め体調を崩しにくくする働きと、私たちの体にもともとあるコンディションを保とうとする働きがあることもわかってきました。

「体調を崩しにくい体つくりに」、「強い健康の力に」、「頑張らなければならない時」の為に、毎日の生活の中に高麗人参を!

年齢を感じさせない美しさ

高麗人参には若々しい見た目に欠かせない「良質なミネラルとビタミン」が豊富に含まれています。
さらに体のリズムを良くする成分「サポニン」の効果で良質の栄養素が体の隅々に行きわたります。

年齢とともに乱れがちな美容のコンディションを適正に保ち「身体の内側から」ハリのある毎日を実現!
「体をスッキリさせて」いつまでも若々しい身体を!!

活力向上!元気な身体をつくる!

私たち現代人は長い労働時間や多忙な毎日によって、慢性的な活力不足にさいなまれています。

<不調の種類>

特に病気というわけでもないが元気が出ない、なんとなくスッキリしない、仕事や運動で体を酷使してもがんばらなければならない 、体調不良で活力が落ちている、睡眠時間がけずられている、食欲がなく栄養が取れていない などなど...

このような悩みの自覚がある方には、韓国政府が認めた唯一本物の高麗人参「紅参6年根100%」を是非一度お試しください!

体のリズムの改善で若々しいからだへ

「体がどんより重苦しい」、「美容のトラブルが気になる」、「表情が暗い」、「寒さに弱い」、「体が重たい」、これは、みんな「体のリズム」の悪さが関係しています。

昔から、「イキイキした体が大切」とは、よく言われたもので、「体のリズム」の悪さは、諸悪の根源と言っても良いでしょう!
裏を返えせば、「体のリズム」の改善で健康も美も期待できるのです!

高麗人参の「体のリズム」改善の恩恵を、あなた自身の美容と体で実感してください。

あまり知られていない高麗人参の種類

古くから滋養に欠かせない和漢として有名な高麗人参ですが、 高麗人参の種類はひとつではありません。

高句麗(韓国半島)産の人参が高麗人参と呼ばれていましたが*現在では
学名や韓国半島、中国、日本、アメリカ、カナダなど生産地の異なる人参が高麗人参と呼ばれて
売られています。

正官庄は、基準に合格した韓国半島の農地と契約栽培で16年かけて収穫した
高麗人参のみを原料として使っています。

高麗人参の日本への渡来は8世紀。その頃建てられた正倉院には、
今でも当時の野生人参が保存されています。
江戸時代には、朝鮮半島から国交贈品として日本に送られる高麗人参に対して、
年間11トンもの「人参代往古銀」と呼ばれる銀貨が対価として支払われていました。
当時から高麗人参は一般庶民には、手の届かない超高級食材でした。

※名前の由来には諸説あります。

高麗人参6年根の希少性

高麗人参は、6年目に全体のバランスがもっともよく成長し、
最高の形状となる特徴を持っています。

主要成分であるサポニンの含有量は4年根の約2倍にもなります。また高麗人参は6年根が限界で、
それ以上栽培すると害虫・病害が発生し表皮組織が老化現象を起こします。
さらに、高麗人参は病気にかかりやすく、治療が難しい植物として、6年根まで育つのはかなりのコストと手間が
かかる農作物です。

正官庄は健康食品としての品質を保つため韓国産の6年根のみを使っています。

栽培年数別サポニン含有量

健康によいと言われている「サポニン」は栽培年数によってその含有量が違います

出典:(社)高麗人参学会「生活の中の高麗人参」2010年12月20日発行

高麗人参は4年までは比較的成長が順調なため、4年根が安価で流通されています。
4年以上は病気にかかりやすいため、サポニンの含有率が高い6年根まで育てるのには高麗人参に関する豊富な
知識と経験、手間が必要です。

高麗人参の栽培は、栽培に適した気候と土壌に恵まれた韓国でさえ、簡単ではありません。

正官庄では種をまく前に、1~2年かけて土壌作りを行い、発芽後は直射日光や風雨にさらさないように日よけを
設置、調整しています。
また、成長時に高麗人参が土壌の養分をすい尽くしてしまうため、収穫後は最低10年間土壌を寝かせています。

正官庄では商品になる前の高麗人参の育成に16 年もの歳月をかけています。

厳しい品質管理による契約栽培で育てた正官庄の高麗人参

正官庄の高麗人参は「残留農薬」や「重金属」などの厳しい基準に合格した契約農地で栽培されています。
韓国人蔘公社の原料事業部では、6年に及ぶ栽培の経過を「履歴管理台帳」に記録して管理しています。

収穫時期にも直接、収穫現場へ向かい、韓国人蔘公社と契約した畑の高麗人参なのか、外部に横流しされたり、
外部から流入してはいないかなどを慎重に管理
しています。

収穫にも基準があり、不合格になれば除外しています。
こうして収穫された高麗人参をトラックに積んで、品質検査をする場所まで入庫するまで見守ります。

正官庄の品質へのこだわりを動画でご紹介

『正官庄の高麗人参。土地はただ休んでいるのではありません。』

16年に一度の栽培を行う契約栽培による高麗人参の収穫は世界中で正官庄だけで行われています。

収穫までの8年間に293項目の検査を実施

正官庄では、紅参の原料となる高麗人参を栽培するために、栽培予定地の土壌管理に2年、栽培に6年の8年をかけ
て、生育
を見守ります。

高麗人参を植える前の栽培地の選定段階から収穫直前まで6回、製品化された後のテストまで合計7回の検査
実施しています。

政府基準78項目の4倍以上となる293項目の検査を行い品質を管理しています。

KOLAS認定を受けた研究所で検査

すべての検査は国際公認試験機関であるKOLAS認定を受けた韓国人蔘公社の研究所で行われます。
紅参製造企業としては認定を受けているのは、世界で韓国人蔘公社だけです。

研究所では、先端分析装置を活用し、極微量の成分も検出し分析しています。
高麗人参工場では、製造ロット別に全製品に関して完成品検査を実施し適合製品だけが出荷されています。

*国際公認試験機関 KOLAS(Korea Labaraoty Accrediation Scheme):
韓国知識経済部(特許庁)の技術標準院から韓国認定機構としてKOLAS認定を受けたということは、
国際的にも同様な認定を受けることが可能である検査試験の能力があることを意味します。

ユーロモニターインターナショナル調べ
ビタミン・栄養補助食品カテゴリー
小売売上シェア(%);2005-2014年
2007~2010
韓国消費者の信頼企業大賞
(4年連続)
2007~2012
韓国産業のブランドパワー
健康食品部門1位
(6年連続)
2007~2012
ファーストブランド大賞・
健康食品部門1位
(6年連続)