1. トップページ >
  2. 正官庄の紅参

正官庄の紅参

高麗人参と紅参の違い

紅参は有用成分サポニンが最も豊富

高麗人参は、加工法によって「水参」、「白参」、「紅参」と呼び名が変化します。「水参」とは収穫した生の高麗人参のこと。「白参」は、高麗人参の皮をはがした後、天日で乾燥させたものをさします。そして「紅参」とは、皮を剥がさず蒸した後、そのまま天日で自然乾燥させたものです。高麗人参は皮にも多くの成分が含まれているため「紅参」にはサポニンの種類や量、各種ビタミンなどの有用成分が多いことがわかっています。干物やドライフルーツなど天日干しにすることによって本来持っている栄養価はそのままで、抗酸化作用が高くなることが知られていますが、高麗人参も天日干しにすることにより「水参」(生の高麗人参)よりもサポニンなどの有用成分が増加するのです。


名前 紅参(こうじん) 白参(はくじん) 水参(すいじん)
姿 紅参(こうじん) 白参(はくじん) 水参(すいじん)
製造 高麗人参を皮ごと蒸して
天日干し
高麗人参を皮を剥いて乾燥 収穫したままの生の高麗人参
特徴 高麗人参を蒸し、その後水分が
14%以下になるまで乾燥させた
もの。赤褐色、黄土色である
ことから紅参と呼ばれます。
紅参だけに含まれる栄養成分も
生成されることから、健康増進
効果は最大。もっとも優れた
高麗人参です。
水参の4~5年根を乾燥させ、
皮を剥いて乾燥させたもの。
保存に優れています。
収穫しただけの生の高麗人参。
輸送過程で傷がついたり、
腐敗することも多く、
長期的に保存することは
困難です。

正官庄の紅参が特別なわけ

紅参の加工工程

高麗人参から紅参になるまでの工程イラスト

収穫した生の高麗人参(水参)を丁寧に洗い、皮をはがさず天日干ししたものが紅参です。この加工の手順によって栄養成分(サポニン)の種類や量が増加するのです。


伝統と先端技術によって生まれる正官庄の紅参

正官庄は1989年に「紅参」専売の歴史をスタートしてから約120年間、最高の高麗人参を優れた「紅参」に加工するための技術を培ってきました。伝統的な紅参製造技法に加えて常に科学的研究が行なわれているのです。140名を超える修士、博士課程を終了した研究員により184の特許が取得されており、その研究結果が製品開発に生かされています。

正官庄が取得している特許 一部
 4 特許 高脂血症改善のための紅参酸性多糖体含有健康機能食品
 5 特許 グアイアンー系列化合物を有効成分として含む皮膚のしわ改善用組成物
 26 特許 女性の更年期症状の改善機能を持つ生薬組成物を含有する機能食品
 39 特許 脱毛防止または育毛促進用組成物(バイオ)
 46 特許 皮膚美容増進及び皮膚老化防止のための健康機能食品組成物
 47 特許 学習効能強化、人参食品及びその製造方法
 49 特許 抗肥満効果を持つ紅参混合組成物
 69 特許 アレルギー疾患の予防または治療用の組成物
 82 特許 肥満抑制または治療用組成物
113 特許 二日酔いの解消用の組成物
126 特許 紅参オイルを有効成分として含有する皮膚再生促進用組成物

さらに医薬品も製造可能な先端施設で加工されています。正官庄の製品は全てこの特別な「紅参(こうじん)」が使われています。

正官庄の紅参(6 年根高麗人参)

韓国契約栽培 高麗人参

正官庄の高麗人参は、基準に合格した韓国半島の農地と契約栽培で収穫した高麗人参の 6 年根を原料として使っています。


丹精込めた 6 年根

6 年根とは収穫までに 6 年を費やした高麗人参のことで、健康成分の含有量が最も高く栄養バランスも最良の状態と言われています。 6 年根は高麗人参の主成分であるサポニンの含有量が最大となります。


世界最高クラスの紅参含有量

正官庄では、稀少な 6 年根高麗人参を特別な行程を経てもっともサポニンの種類と量が豊富な “紅参” に加工します。


初めての方におすすめ

10 年連続世界売上 No.1
1 日 2 粒 (1,000mg) から始めてみましょう

高麗人蔘最高の結晶 ー 紅参 ー

活動と休息を整えるサポニン

高麗人参の有用成分の代表としてあげられるのが、人参サポニンと呼ばれている成分です。

人参サポニンは別名でジンセノサイド(ginsenoside)*と呼ばれるサポニンで、さまざまな種類があることが確認されており、高麗人参の皮をはがさずに蒸気で蒸して自然乾燥させた紅参は加工する過程でその種類が増えることが分かっています。

6年根の紅参には30種以上もの人参サポニンが含まれており、 これらが紅参の重要な成分になっています。高麗人参と同じウコギ科である西洋人参(14種類)、中国雲南省などで採れる田七人参(15種類)と比べても2倍以上含まれており、このことが紅参の価値をいっそう高める要因のひとつになっています。

サポニンは「活力向上」「美容効果」「リフレッシュする効果」があります。自然界において様々な植物が含んでいる成分ではありますが、高麗人参の含有量は、それらを圧倒的にしのぎます。

紅参に含まれるジンセノサイドは「活動」と「休息」のバランスを整え、健康な毎日をサポートしてくれます。

*ジンセノサイド(ginsenoside)
紅参の代表的な有用成分は、サポニン配糖体に分類されるジンセノサイドです。
高麗人参に特有の有用成分で、多彩な成分が複合的に働き、さまざまな不調を根本から解消へと導くため、近年世界で注目を集めています。

サポニンと非サポニンを含有する紅参イラスト

初めての方にオススメ タブレット

水さえあればどこでも紅参(高麗人参)を摂取できるので、初めての方にもおすすめです。

紅参タブレット

体験版 1,980 円
本品  8,640 円

紅参の強健力

20 粒  980 円
60 粒 7,560 円


「正官庄」の紅参のグレード

最高グレードの天参は全体のわずか0.5%

正官庄の紅参は、厳しい品質検査によりグレードが分かれています。乾燥行程後、根の髭部分を取り除き胴体部分を成形します。その後、組織検査により等級別に選別されます。

職人によって選定された天参、地参、良参の量は全体のわずか3割ほどにしかなりません。天参は全体の0.5%にしかならない希少性の高い原材料です。正官庄の紅参は、これらの各グレード別、または配合することによって製品化されています。

グレード表

職人写真

職人写真
エキス(天)
エキスLimited
抽出液(地)
エキス
紅参タブレット
抽出液
エキス茶

正官庄の紅参(6 年根高麗人)のグレード

厳しい品質検査

正官庄の紅参は、組織検査により等級別に選別されます。115 年以上の伝統と経験を継承した正官庄の高麗人参職人が、厳密に選別し個々のグレードとして製品となっていきます。


わずか 0.5% の天参

職人によって選定された紅参に適した天参、地 参、良参の量は全体のわずか 3 割ほどにしかなりません。 天参は紅参の 0.5% にしかならない希少性の高い原材料です。正官庄の紅参は、これらの各グレード別、または配合することによって製品化されています。


効果を実感できた方におすすめ

6 年根紅参の中でも希少な「地参」濃縮液を含有。有効成分が多く含まれた高品質濃縮で吸収も早く”疲れやすい方”に人気の商品です。

販売価格は ¥19,980( 税込 ) ですが、1 日の目安価格は ¥400 です。よりハイグレードな紅参もお試しください。


紅参のパワーを実感できる飲み方

「継続は力なり」毎日続けることが大切

紅蔘は薬ではなく、健康食品であり、即効性のある食品ではありません。 感じ方に個人差はありますが、少なくても1ヶ月以上続けられた方のほうがより紅蔘のパワーを感じていらっしゃるようです。それでは長く続けるコツをご紹介します。

紅参(高麗人参)の飲み方

紅蔘は薬のように飲む時間や分量の決められたものではなく、生活に密着した健康食品です。生活の中のいろいろなタイミングでお試しください。




商品名 紅蔘エキス 紅蔘抽出液
紅蔘エキス茶
紅蔘タブレット
紅蔘元
商品 紅蔘エキス 紅蔘抽出液 紅蔘エキス茶 紅蔘タブレット 紅蔘元
紅蔘
パワー
紅蔘パワー 紅蔘パワー 紅蔘パワー 紅蔘パワー 紅蔘パワー
特徴 高純度の粘液 丸ごと煎じた
抽出液
粉末なので
液体に溶けやすい
粉末を固めたもの 健康栄養ドリンク
飲み方
①スプーンの半分くらいを取ってそのままお飲みください。(口で溶かして飲む)
②水またはぬるま湯に溶かして飲む
※100mlのお湯にエキス約1g(スプーンの半分くらい)を溶かして飲む
※お湯の量はお好みによって調節
◆1日3杯を目安 (はじめての方は1日1杯から)

1日あたり、1~3袋を目安にお飲みください。

1日あたり1~3包を目安に温めのお湯に溶かしてお飲みください。

1日あたり2~6粒を目安にお湯やお水と共にお召し上がりください。

1日1本を目安にお召し上がりください
活用例 そのままが一番!
味に慣れるためのコツを下記に五箇条として紹介しています。
お酒、料理、牛乳などに混ぜる。
韓国では、二日酔いを防ぐためお酒に混ぜて飲む方が多いです。
鍋料理などの出汁として。
ミキサーで砕いておけばいつでもどんな料理でも活用できます。
炭酸飲料で割る。
夏には炭酸飲料と氷を入れてさっぱりした味を楽しめます。
紅参エキスの飲み方【上級者編】
Step
01
お湯100mlに対してスプーン半分(約1g)のエキスを溶かす
★お茶と同様、70度くらいが適温です。
Step
02
溶かしながら泡立ちを確認する
★その泡こそ、紅参の有用成分である人参サポニンです。
Step
03
エキスが完全に溶けたら、まずは紅参独特の香りを楽しむ
★味に慣れるために、まずは香りから慣れて行くことが大切です。
Step
04
一口含み、口いっぱいに広がる紅参本来の味わいを楽しむ
★苦味だけでなく、独特な甘みも感じられます。
Step
05
身体が温かくなるのを感じながら、ゆったりと紅参エキスを楽しむ
★身体のすみずみまで温かくなるのを感じられます。

医療品をつくることのできる生産ライン

正官庄の紅参は医薬品も製造可能な先端施設で製造されています。
2012年には、HACCP (Hazard Analysis and Critical Control Points; 危害要素重点管理基準) の認証を受け、ISO22000 を獲得しています。
製造の基本情報、原材料情報、品質情報、出荷情報などのすべての記録を「健康機能食品履歴追跡」システムで管理し、常に安心・安全な商品をお届けしています。

*HACCP
食品の製造工程における品質管理システム
*ISO22000
国際標準化機構(ISO)が発行した食品安全マネジメントシステム

医療品をつくることのできる生産ライン

184件の特許をもつR&Dセンター

正官庄では歴史的に受け継げられてきた伝統的な紅参製造技法に加えて、常に科学的研究を行なっています。R&Dセンターでは、140名以上の修士、博士課程を終了した研究員が在籍しており、大韓帝国宮内部内蔵院に参政課が設置された後、115年以上の間に、426件の研究論文が発表され、184件の特許を保有しています。

韓国の紅参産業のリーダーとして、毎年企業利益の約20%を研究開発に再投資しています。
国内外の基礎研究、臨床研究、ISOを通じた国際標準化など、高麗人参の効能と標準化の研究を実施しています。