1. トップページ >
  2. 正官庄とは

正官庄とは

創業1899年。高麗人参一筋100年以上!

正官庄は115年以上の歴史と伝統を有する韓国人蔘公社が製造する、
紅参製品のブランドです。
歴史的に、政府が管轄する所で生産された
信頼できる製品ということで、

「まさに(正)、国の(官)、製品(庄)」という意味があります。

1940年代に入って高麗人参ブームによって民間で作られた粗悪な高麗人参が増加したため、韓国政府は、
政府が管轄する工場で製造した信頼できる製品として差別化するために誕生したのが正官庄です。

創業1899年、韓国人蔘公社の沿革

1899年に高麗人参と紅参の製造を国家で管理するために韓国内蔵院に「参政課」が発足、紅参の専売の歴史がスタートしました。これが韓国人蔘公社の発端となります。

沿革表

10年連続、世界売上No1* 正官庄の高麗人参は世界60ヵ国に輸出

正官庄の製品は世界約60ヶ国以上に輸出されています。韓国の健康機能食品としてイギリスのハロッズ百貨店でも販売されています。
アメリカ、日本、香港、台湾、ベトナム、オーストラリアなど、8ヵ国に正官庄ブランドストアを展開し、韓国の名品ブランドとして認識されています。
紅参はエリザベス女王、ヨハネ・パウロ2世などの国賓の贈物としても愛用され、韓国の健康文化の外交官としての役割も果たしています。

世界地図・ユーロモニターインターナショナル証明書

世界最大規模の高麗紅参工場で栽培から医薬品まで徹底管理

正官庄は健康食品としてだけでなく、各国の医薬品の製造も行っています。
日本市場向けには、1967年から、M社とO社で医薬品を製造しています。

正官庄の紅参は、医薬品を製造することができる先端施設で厳格に品質管理されています。
食品医薬品安全庁から「健康機能食品GMP*適用業者」に指定されている、グローバル水準の製造・品質管理システムを採用した世界最高水準の工場で良質な高麗人参は紅参に加工されています。

*GMP(Good Manufacturing Practice):優秀健康機能食品の製造及び品質管理基準

184件の特許をもつR&Dセンター

R&Dセンターでは、140名以上の修士、博士課程を終了した研究員が在籍しており、大韓帝国宮内部内蔵院に参政課が設置された後、115年以上の間に、426件の研究論文が発表され、184件の特許を保有しています。

韓国の紅参産業のリーダーとして、毎年企業利益の約20%を研究開発に再投資しています。 国内外の基礎研究、臨床研究、ISOを通じた国際標準化など、高麗人参の効能と標準化の研究を実施しています。